住宅ロ−ンが払えない!滞納したらどうなる?

会社の業績悪化で、リストラされ失業した!再就職もなかなか出来ず、派遣と消費者金融からの借金で何とか住宅ローンをやり繰りしてきたけど、もう限界、とうとう住宅ローンが払えなくなり、滞納した!


さらに、ボーナス月20万円のボーナス払いも到底、払えるあてもなく、住宅ローンの返済以外に、消費者金融への返済も厳しい状況。このままでは、支払いの目途が全く立たない!
これからどうしたらいいのか?悩んでいると思います。不安でしょうがないでしょう!


でも、大丈夫ですよ!早めに専門家に相談することで、解決できた事例が多いです!相談は無料です。



では、住宅ローンを滞納すると・・・その先はどうなるのか?

滞納・延滞から先の流れをシュミレ−ションしてみます。

  • 滞納すると、まず銀行などの金融機関から督促状・催告書が来ます。
  • それを放置すると、保証会社が本人の代わりに代位弁済を行い、今度はその保証会社から一括返済の請求が来ることになります。
  • その後も一括で支払いをしなければ、債権回収会社に移管となり、競売の申立がなされ、競売になり自宅を失います。又、残債務だけが残ります。

競売は、やっぱり避けたいですね!デメリットが大きすぎますから。
このまま住宅ローンを放置していると、自宅が競売にかけられて、多額の借金が残り、夜逃げしないといけないことにも。


自宅が競売になってしまうと・・・


「競売」のデメリット


自宅の売却価格が相場の2割から5割減で売却される。

裁判所の調査等で近所に競売の事情がバレる。

急な退去命令で自宅を追い出されることに.。

ご自宅を失うばかりか、多額の借金が残る。


しかも売却した代金は、すべてロ−ンの返済や競売の費用に充てられるため、手元にはお金が一切残りませんし、引越しの費用すら出ません!


結果、競売で自宅を失うと多額の残債が残り、そのまま自己破産に陥るケースが多いです。


このように、デメリットの大きい競売だけは、絶対に回避したいですね。
では、どうしたらいいのか?その対処法は「任意売却」です。


任意売却とは、強制的に行われる競売とは違い、債権者である金融会社や保証会社、債権回収会社の同意を得て、 あくまでも本人の意志により、不動産を売却する方法で、かなりのメリットがあります。


「任意売却」のメリット


市場価格で自宅をを売却できる!

近所にローンの滞納をバレずに売却できる!

引越し費用を確保でき、退去時期も相談できる!

強制的ではなく、本人の意志で決断できる!

売却後も、そのまま自宅に住み続けられる可能性も!


任意売却のメリットは、やはり相場に近い価格で自宅を売却できるため、競売に比べて残債務に金額が全然、違います。その為、今後の生活においても違いがでてきます。


住宅ローンの問題は対応が遅くなれば遅くなるほど、金銭的に不利になります! 差し押さえや競売になる前に、専門家に相談することが重要ですね!


任意売却に実績のあるお薦めの専門家

←左のサイト「お任せ任売ナビ」は、『任意売却』を主に、消費者問題を総合的に解決する専門家の集まりです。


任意売却の原因となる借金問題や法律、離婚による相続などは今までは別々の専門家に依頼しなければいけなくて、お金も時間もかかり大変でした。


でも、その相談窓口を一本化し便利にしたのが、
「お任せ任売ナビ」です。


不動産業者によくある任売だと「結局、売却するだけ!」で、終わりです。

しかし、お任せ任売ナビでは、住宅を残したり、離婚の仲介、子供の学校問題や、今後の生活を一緒に考えたり、人生の再スタートをもサポートしてくれますよ。もちろん、相談は無料です。


任売ナビは、24時間&全国対応なので、少しでも不安を感じたらすぐに相談がオススメです。


更新履歴